対馬(つしま)は、九州と韓国の間の対馬海峡に浮かぶ島

対馬は山地が多く、陸上交通が不便であったため、島への伝来物が何百年もそのまま保存されている場合があります。その代表が対州そば。そばは縄文後期に日本に移入されたと考えられ、全国的に品種改良が進みましたが、対馬では縄文後期の原種そばを今でも味わうことができます。また、昔ながらの養蜂法が今も行われており、濃厚で香り高い和蜂のハチミツを楽しむことができます。東西を対馬海流が流れ、平地が少なく、島土の約89%が山地であり、各地に原生林が残されています。島の中央にはリアス式海岸・浅茅(あそう)湾が広がり、海岸線の総延長は915キロに及びます。地質は大部分が堆積岩で、表土は薄く、ごつごつとした岩肌が海に沈みこむ荒々しい風景があちこちで見られます。

写真・ビデオ

店舗のマップ

現位置からストアへ

ご来店までの交通案内

ご来店までの交通案内
空路、鉄道で対馬へ 博多駅→福岡空港→対馬空港
長崎空港→対馬空港
海路で対馬へ 博多駅(西鉄バス)→博多港→比田勝港

主な取り扱いブランド