ソウル線就航(毎週火・金・日、週3往復)、リムジンタクシー、全日空による北部九州3空港(佐賀、福岡、北九州)の相互利用、有明海沿岸道路の開通などにより、ますます便利で使いやすい空港!! 永山佐賀空港免税店と共にご利用の皆さま達をお待ちしております。

佐賀県南部の有明海に面した干拓地に作られた空港であり、愛称は「九州佐賀国際空港」(きゅうしゅうさがこくさいくうこう)だとも使用されています。九州佐賀国際空港は北部九州の中央部に位置し、福岡市、長崎市、熊本市、ハウステンボスや湯布院など、九州の主要都市や観光地へのアクセスも良好で北部九州周遊の発着地として便利にご利用いただけます。福岡空港の混雑を避けたチャーター便の発着が見られ、アジア圏への定期的運航されてる九州佐賀国際空港では航空機の夜間滞泊(ナイトステイ)が東京/羽田便において行われています。この便は東京発最終便が乗客を降ろした後、当空港で夜を明かし、翌朝早朝に東京に向けて出発ができます。これによって東京日帰り出張が可能と謳い、結果として東京便は開港当初の1日2往復から3往復となった(その後さらに増えて4往復になる)。